運転免許に関する情報が満載!

短期間で免許を取得できる合宿免許

短期間で免許を取得できる合宿免許 免許を取得するためには、教習所に通う必要があります。
ただしただ単に通っていれば良いと言うわけではなく、更に所定のカリキュラム、学科と実技を消化して、各種試験に合格する必要があります。
この所定のカリキュラムを消化するために通うのが教習所と理解することができますが、そのために教習所側が割くことができる時間、人員と言うのは限られています。
また教習所に通う人も、いつでも教習所に行くことができると言うわけではありません。
そのためたとえば学生の長期休暇などの時期は、教習所が混雑して予約を取ること自体が難しいと言うことも考えられます。
また教習所が空いていても、自分が忙しければやはり予約を入れることは難しくなってしまいます。
その点、合宿免許と言うのは、あらかじめ日程が組まれています。
ですから、その日程分の時間さえ確保できれば、短期間で免許取得を目指すことができます。
またその日程に関しては、合宿免許の場合は、教習所の混雑具合は無関係です。
ですから確実に、順調にカリキュラムを消化していくことができると言うのも、合宿免許ならではです。

合宿免許は最短どれぐらいで免許を取得できる?

合宿免許は最短どれぐらいで免許を取得できる? なるべく早く自動車の免許を取得したいと思っている人であれば、合宿免許を活用することができます。
自動車の運転免許を取得するための教習課程は道路交通法によって決められており、普通自動車(AT車)であれば最低技能教習を31時限以上、学科教習を26時限受講しなければなりません。
教習は1段階と2段階に分かれています。
1日に受講できる技能教習の時限数の上限は1段階で2時限、2段階で3時限と決められています。
このルールに従うと、普通自動車(AT)であれば最短13日間、MT車であれば15日が必要です。
この最短日数で卒業ができる合宿免許もありますが、多くの教習所では最後に実施される卒業検定(技能)を2段階の技能教習が修了した翌日に実施するため、卒業日数をAT車で14日、MT車で16日に設定している学校がほとんどです。
教習所を卒業したら、翌日以降に運転免許試験場で実施される学科試験を受験して合格すれば運転免許証が交付されます。
このため、最短で免許が取得できる日数は教習所の卒業日数プラス1日ということになります。
合宿免許を利用して教習・学科検定が順調に進めば、3週間弱で普通自動車の運転免許が取得できます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>